アメリカ人が日本映画を見る理由

アメリカ人男性が最近、日本映画をよく見るらしい。理由はたくさんあるのだが、大きな理由の1つに単純に日本人の女の子が可愛いからだということだ。

これは私もハリウッド映画を見ていて思うことだが、今のハリウッド映画に出演してくるアメリカ人女性はなぜか美しくなくなった。

昔は、グラマーで自然の美しさに満ちた女性たちが、たくさんハリウッド映画には出演していたが、1980年代が終わった頃からすごく劣化が激しくなったと思う。

どうして、こんなにアメリカ女性はブスになってしまったのだろうと心底思っていたが、アメリカ男性も同じ意見をもっているようだ。

日本映画の場合、ハリウッド映画のように劣化はしていない。毎年それなりの可愛い女優が生まれている。

だから美少女を求めるアメリカ人男性は日本映画を自然と見てしまうだろう。

この問題は、見た目以上にアメリカ社会が急速に格差社会となってしまったことが影響されていると思う。

つまり、普通の庶民として生まれて努力すればハリウッドで女優になれるという日本では当たり前の社会が崩壊していることが原因にあるではないかと思う。

コネや学歴、または、プロデューサーとの親密な関係などいろんなものがないと今のハリウッド業界ではスターになることができないのだろうと思う。

アメリカのアニメ業界にしても同じようなことが言える。今や、日本の同人誌などアダルトコミックなどは、アメリカ人男性を虜にしている。

美少女エロ漫画などの分野でも、映画と同じように美少女を純粋に見たいだけのアメリカ男性たちが日本製に殺到している。

アニメや漫画の場合、国籍は全く関係ないのでこちらは映画よりも日本製が大人気となっている。

続きを読む

アメリカ製で最も競争力がある商品

トランプが大統領になってアメリカ政府はメイドインアメリカを少しでも増やそうとやっきになっている。

ハーレーダビッドソンの幹部を呼んでアメリカ製の良さをアピールしたりしていたが、アメリカで最も競争力があるのはやはりハリウッド映画だと思う。

それともう1つすごく競争力がある商品がWWEなどのプロレスだ。

アメリカ製のプロレスは今のところどころかこれからも間違いなく世界一だと思う。

あのレスラーたちの筋肉は日本人には絶対にマネできないし、それにビンスマクマホンのような面白いチェアマンは日本からは生まれてこないだろう。

今日本社会でこのアメリカ製のプロレスのような面白さを取り入れて大人気となっている業界がある。

それは、アダルトコミックの同人誌業界だ。

ここの業界は、数あるアダルトコンテンツの中でも今最も人気がある熱い業界だ。

アメリカのWWEのようなユーモアたっぷりのアダルトなシナリオに日本のオタクな若者を中心に熱狂状態になっている。

アメリカは筋肉で、日本は同人誌で2つの国がいいものを刺激し合って、新しいものを生み出して産業ができるいい例だと思う。

こういう現実は真面目な経済学者やエコノミストには全く理解できていないだろう。

だから、現代のエコノミストたちは、日本の文学女子に食べられるのような人気同人誌もしっかりと読まなくてはならない。

そういう努力を怠ればその経済学者の経済予測は当たらなくなるだろう。

続きを読む

同人誌とハリウッド儲かるのはどっち?

ハリウッド映画はとてつもない予算で映画を制作する。50億円など簡単に遣って映画を制作してしまうから日本と規模が全く違う。

迫力ある映像などが撮れるが、しかし、1番大事な儲けられるかということに関しては?マークがついてしまう。

50億円投資して49億しか稼げなかったら1億の大損だ。

49億円の売り上げは巨大だが50億円ものお金を制作費に投入していれば大損になってしまうのだ。

これを日本のアダルト同人誌と比較してみよう。

そうすると面白いことがわかる。

例えば、今大ヒットしている同人誌の夏のオトシゴなどは、10万部を軽くこえる売り上げになっている。

定価は1部400円程度である。

とすると、売り上げで単純に4000万円になっている。

これから、いろんなコミックサイトに配信されてしかもAVなどの2次使用となればおそらく、この夏のオトシゴは3年ぐらいたてば5億円ぐらい稼ぐコンテンツになるのではないかと思う。

制作費はいくらなんだろうか?

同人誌は基本的に個人の趣味みたいなものだからひょっとすると1万円ぐらいの投資でできてしまったのではないだろうか。

そう考えてみるとお金の面だけだが同人誌みたいなお遊びのような仕事でもハリウッド映画に経済面では圧勝となってしまう。

考えてみるとすごく不思議なことだと思う。

続きを読む

日本の芸能人が陥る破滅への道

先日、日本の有名女優が、東京の一等地に16億円もするすごい豪邸を建設するとのニュースが流れた。

それを聞いた時、「バカめ」

と一瞬、叫んでしまった。土地は200坪だということだ。たぶん、この芸能人は、不動産屋にどうしようもない物件をつかまされたはずだ。

今、日本の金持ちたちの間で問題になっているのが、200坪程度の土地の豪邸が売れなくて困っているということだ。

これがアメリカならばすぐに買い手がつくらしいが今の日本の金待ちたちは、元気がないのでそんな豪邸に住みたがらない。

この芸能人は、自分が売りたくなった時のことを全く考えていないのだろう。

芸能人につきものの離婚問題になった時もすぐ売ることは不可能だろう。

舞い上がってしまって10年後の自分のことなんてまるで考えていない。

日本はこれから、少子化となり、不動産価格の低下と売り手の不在で、困り果てる人がどんどん出てくるはずだ。

この芸能人の10分の1レベルの不動産を買い同じような苦しむをあじわうことになるだろう。

アメリカの場合、不動産を手放した時点で、ローンの残債もなくなる仕組みだからまだいいが、日本の場合、ローンの返済が滞ると残債に対する返済義務が生まれる。

こういうのは、イエウールのような不動産情報サイトでよく勉強しておくことが必要だが、まだ、日本人の中で不動産情報サイトはメジャーな存在になっていない。

しかし、おそらく、10年後は、スマホなどで、日本人は日常のようにイエウールのような不動産情報サイトを見て勉強するようになると思う。

続きを読む

劣化が激しいアメリカ人女性

ふくよかで長い美脚それに豊満でグラマーな胸とハリウッド映画で出演してくる女性たちに美しさは日本人男性にとって憧れの的だった。

しかし、近年、アメリカのハリウッド映画に出演してくる女性たちの美しさの劣化はすごいものになっている。

現在のハリウッド女優と1980年代くらいのハリウッド女優とでは全くレベルが違う。

まず、肌が汚い。そばかすだらけだ。化粧でうまくごまかそうとしているが見る人が見ればわかる。

自然の美しさからはほど遠いサイボーグのような女優ばかりになっている。

誰も言わないハリウッド女優劣化の理由を書くと、アメリカは完全なコネクションの社会になってしまい本当に美しくて性格のいい女優はもう映画でいい配役はもらえなくなってしまっているのではないかと思う。

つまり、プロデューサーと寝たり、2世女優であったりといろんな理由があって美しくなくてもいい配役がもらえるような仕組みができてしまったのだと思う。

もう自然で豊満なハリウッド女優は10年ぐらい出現しないと思う。

アメリカのハリウッド映画は本当に魅力を失ってしまった。

日本の場合もアメリカに似てきたところは少しはあるが、アメリカほど劣化しているわけではない。

美しい女の子は素直に女優として活躍できる仕組みがまだできているところがうれしい。

これはそういうシステムができていることもあるが、民間のコスメのレベルが急激に上がっていることも見逃せない。

ホスピピュアなどの女性用コスメはハリウッドの女優が使っているのと同じようレベルのすごいコスメだ。

そんなコスメを日本人は普通の女の子が当たり前のように使っているところがすごい。

少子化で女の子の数が減っているにもかかわらず美しい女性が日本で激増しているのはそんなすばらしいコスメがたくさん開発されていることと無縁ではないと思う。

続きを読む

今年は大苦戦するハリウッド映画

2016年はハリウッド映画が、日本公開で大苦戦する年だと思う。

それは、日本のAV業界が、革命的な進化をとげたからだ。その中心がMUTEKIが制作する芸能人AVだ。元芸能人という肩書きでとんでもない可愛い女の子たちが、どんどんAVに出演している。

昔は、単なるイメージビデオの類だったのが、今は、本気度100%のリアルエッチだから、AVファンもたまったものではない。

そんな芸能人AVの中心でがんばっているのが、高橋しょう子ちゃんだ。元グラビアアイドルの有名芸能人らしい。

このしょう子ちゃんが、とんでもなく可愛いのに、普通のAV女優と変わらない過激なエッチを楽しませてくれるのだから、芸能人AVは大盛況となっている。

この影響をもろにうけるのは、アメリカのハリウッド映画だと思う。

両者とも2000円程度の買い物となるが、どちらが刺激的かと言えば、芸能人AVに決まっている。

夏休みが1つの勝負となるが、今年は、盆休みを狙ってAVメーカーもいろんな芸能人AVを発売させる計画だ。

もちろん、クリスマス商戦でも、この戦いは続くことになる。だから、ハリウッドは、今年に限っては日本市場では、苦戦すると思う。

続きを読む

エクスペンダブルズはすごい映画だ

エクスペンダブルズはスタローンの迫力シーンばかりが注目される作品だ。しかし、この映画が面白いのは、出演している俳優たちの人生そのものを重ね合わさせているところにある。

エクペンダブルズとは、使い捨てられたものたちみたいな意味があるらしい。

悪役として登場する出演者たちはそれぞれ、現在全く人気がなくなった以前のスターたちばかりだ。

エリックロバーツ、ジャングロードバンダム、メルギブソンなど、みんな何かしらの問題をおこしてハリウッドで仕事がなくった人ばかりだ。

それに、出演する役者の年齢も高齢者ばかりだ。スタローンは、68歳、シュワちゃん67歳、ハリソンフォードは、72歳になっている。

こんな歳になってもアクション映画をやり続けるところが本当にアメリカ人だなと感心してしまう。

この映画を見て痛感するのは、もう、アクション映画の時代は完全に終わってしまったということだ。

筋肉ムキムキの俳優がバトルを繰りひろげる映画は、もう、観客もあきてしまった。スタローンたちが引退したらもうこの手の映画は終わりになってしまうだろう。

日本でもエクスペンダブルズは大ヒットにはなっていない。アクションものよりも、このインターネット時代は、オタク文化の象徴であるオンラインゲームなどの作品の方が、日本でははるかに人気がある。

この動きは格安スマホなどの普及が進めばますます拡大してしまうだろう。

現在、格安スマホ販売しているMVNOは、じつにすばらしいサービスを展開している。特に、勢いがあるのがu-mobileだ。

いろいろなUSENグループ全体での割引サービスをパッケージでお客に提供して非常に割安でお得なサービスを展開中だ。

あと2年も経てば、オンラインゲームもエクペンダブルスも月1000円くらいで、スマホを使って楽しめる時代が来ることだろう。

続きを読む

ハリウッド俳優はすごい

自らエイズであることを告白したチャーリーシーンは、なかなか男気がある人間だと思っていたけど、内実を知るとちょっとひいてしまう。

80年代のハリウッド映画界でプラトーンやウォール街で大スターとなった彼だが私生活は荒れ放題だったみたいだ。

セックスとドラッグにおぼれてピストルで彼女を撃ったりしている。自分もドラッグのやりすぎで心臓停止になったりまさに破天荒そのものだ。

この私生活のメチャクチャぶりが災いして、映画の仕事が全くなくなり資金的にピンチに陥ったがハーパーボーイズと言うテレビシリーズに出演して大ヒットになり30分の出演で1億円というギャラを得る俳優として復活した。

しかし、破天荒な生活はおさまらずに3番目の奥さんをナイフで襲ったりしてしまう。

それに、ポルノ女優をホテルによんで乱交パーティーまでしてしまうなど、まさに破滅型のスター俳優の典型例だ。

外側から見ているには面白いけど、やはりチャーリーシーンはちょっとやりすぎたと思う。現在は、完全に仕事がなくなっている状態になっている。

いつも思うが、どうして、ハリウッドで1発当てて大金持ちになった人間はお金があるうちに、何かに投資しないのだろうか?

株や不動産はもう時代遅れだけど、アニメだとかAVだったら、著作権で何十年も儲けられる。自分が俳優としてダメになってもずっと収入になるわけだから、税金でたくさんとられるぐらいなら儲かった時に投資しておけばいいのだ。

今の日本で言えば現役グラドルの松本菜奈実などが出演する日本の芸能人AVなどに少しでも投資しておけば、10年ぐらいはAVの著作権でラクラク生活できると思う。

続きを読む

美少女ゲームのキャラクター

切手マニアの人の話を聞いているとそのマニアック度には本当に頭が下がる。切手マニアの頂点にいる人は、すごい歴史的な知識がある人が多い。

ある有名な切手マニアの人は、アラビア語ができて英語もできて韓国語もできるというすごい才能の持ち主だ。

その人が言うには、切手収集をするなら、イギリスのペニーブラックと言う名前の切手がオススメだと言っていた。

ペニーブラックとは、イギリスで制作された世界最古の切手らしい。それで値段は3万円から4万円ぐらいするという。

美しい形で残っているものが多いから素人でも買えるらしいけど、私は、どうしても買う気になれなかった。

ハリウッド映画のプロマイド写真やポスターなどの方がよっぽどほしいと思う。

切手で思い出すのが、今、流行の美少女ゲームのスチル写真だ。美少女キャクラターの過激な写真ほしさに男性ユーザーがスマホでがんばっている。

私も見てみたが、これが、すごく美しくできていて、正直、切手よりも、スチルの方をコレクションしたくなってしまった。

このスチルを集めている男性マニアの数は、これから激増するはずだ。神姫PROJECT Rなどのゲームに登場する美少女キャラクターたちのスチルは、これから10年で、今の切手と同じようにマニアをたくさん生みだしていくと思う。

それと、美少女キャラクターのスチル写真とともに、若い女性が今、狂信的なぐらい熱中しているのが、ナイトアイボーテのような女性向けコスメだ。

すごい人気で、今年の女性向けコスメで1番の人気になる可能性さえある。

このナイトアイボーテにしても、ゲームの世界の美少女キャラクターなどがイメージキャラクターになって販促運動をしていることが大人気につながっていることは意外に知られていない。

続きを読む

アメリカのハリウッド映画には人妻同人誌で対抗しろ!

ブルースウィルス主演のダイハードは、4が凄まじい。映画館で見たけどすごい迫力だった。いったいあの映像はどうやって撮っているのかと思うくらい感心してしまう。

アメリカのニューヨークかどこかが舞台だと思うけど、街全体がムチャクチャになってしまう。

テロリストたちが、どんどん登場して、機関銃で打ちまくる。もうこれ以上はやめておけと思うけど、最後は戦闘機まで登場して高速道路までが破壊されてしまう。

ダイハード4以上の迫力のある映画は、日本の映画では絶対に無理だ。あれだけモノを壊しまくる文化は日本にはない。

アメリカ人は壊すのが好きな国民なんだよ。

ハリウッド映画を見ていると、日本のエンターテイメント産業はこれから大丈夫か?と本気で心配になる。

しかし、日本には日本の産業がしっかりあって、スマホのアダルトコンテンツ配信などは、日本の独壇場になっている。

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてのような人妻エロ漫画などのアダルト電子コミックは、大人気だ。

特に最近はいろいろな美しい熟女キャラがガンガン同人誌に登場して刺激的な作品を楽しませてくれる。

日本の人妻系同人誌のようなアダルトコンテンツはアメリカでは絶対に開発できないと思う。アメリカ人も日本の人妻系同人誌のような作品を見て日本人はすごい俺たちは迫力で勝負しょうと考えているかもしれない。

続きを読む